IT業界において、社員の立場が水に合わず独立してフリーエンジニアになる者は少なくありません。そうなれば、会社に縛られることもなく自由を得ることができます。しかしだからといって、誰にでもできる仕事というわけではないのです。社員に向いている人材というものがあるように、フリーエンジニアとして食べていくにも必要な適性は存在します。まず何より、自己を管理する強い意志が必要です。

時間が自由であるために意志が弱いと無駄な時間を過ごし、仕事のための時間をどんどん削り取っていくことになりかねません。上司にプレッシャーをかけられないと仕事ができないようなタイプは独立などしない方が賢明でしょう。また、独立すると営業活動を通して自分で仕事を取ってこなくてはいけませんからコミュニケーション能力は欠かせません。営業活動などしなくても求人サイトを利用すれば仕事を得ることはできると思うかもしれませんが、それでは仕事が途絶えた時に、あっという間に路頭に迷うことになります。

営業を通して人脈を築き、いざという時のパイプラインを作っておくことが大切なのです。さらに、独立して仕事をするということは、取引相手と何かトラブルがあっても自分で対処しなくてはならないということになります。それを円滑に処理できる交渉能力がなければ、損害を被るのは自分です。独立をするのなら、これらのことを鑑みて、本当に適性があるかを熟慮しなければなりません。