フリーエンジニアにとって仕事が途切れるということは死活問題です。しかし、仕事の発注があったからといってそれで安心してはいけません。仕事を得るまでの過程において最も注意すべきは契約時です。これをきちんと行わないとトラブルの火種を残すことになることになり、最悪の場合受注がなかった時よりもかえって損をしてしまうことにもなりかねません。

まず、仕事の内容は細部まできちんと取り決めを行う必要があります。そうしないと、追加作業をタダでやらされたり、納品後にバグ修正を強要されたりする可能性も十分あるのです。また仕事の途中で、一方的に契約を打ち切られてもタダ働きにならないように着手金はきちんともらっておきましょう。そして、意外に忘れがちなのが秘密保持契約です。この内容如何によっては、自分の仕事を実績としてホームページや営業用の資料に掲載できなくなる場合があります。

フリーエンジニアにとっては、ひとつの仕事は次の仕事のための実績作りという側面があるのでこれは意外と痛手です。そのあたりも仕事を受けるかどうかの判断材料にしましょう。そんなに細かく条件を求めると企業が嫌がって仕事を発注しないのではないかと心配になるかもしれませんが、それで渋るような企業は最初から避けておいた方が賢明です。不明瞭な仕事を受けることに拘るより、新たな仕事を探すことに全力を傾けた方が得るところが大きなものとなるでしょう。それでも万が一トラブルに巻き込まれてしまった場合には、自分自身でトラブルを解決することが必要です。フリーエンジニアにとってのよくある案件トラブルを事前に把握し、自分の身は自分でしっかり守りましょう。